無我夢中で歌う彼と履きつぶした靴

猟師を気安く呼んではいけない

「画家」に関して論文や本を書くなら、どのようなことを書く?「霧」の由来や歴史とかかな。それとも、自分オリジナルの視点からの意見だろうか。

TOP PAGE >

□夢中で踊る友人と穴のあいた靴下

あまり、テレビドラマは見ないほうだけど、このごろ、それでも、生きていくを毎週視聴している。
殺人犯の両親と妹と殺された側の家族が会うことになってという流れで、常識的にいってありえない内容だ。
被害者側の両親と兄達と殺人犯側の両親と妹のどちらの家族も不幸なめにあっている様子が出されている。
流れの雰囲気はものすごく暗いと思うが、しかしその分、色づかいはきれいなようにつくられている。
花や自然の映像がとても多くて、牧歌的というのかきれいな映像が大変多い。
この後、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

どしゃ降りの木曜の夕暮れに友人と
MCで有名な人が突然引退表明!!ということで、ニュースやネットで多くやっているが、とってもすごいです。
1年ごとに変わる日本の総理が誰に決まるかという話よりニュースでも番が速かった。
どのような政治家が総理になっても変化しないと思うのもめちゃめちゃいるし、それより、よくテレビで見る大物が芸能界を電撃引退というほうが何かしら影響がでそうなんですかね。

□無我夢中で走る妹とわたし

テレビを眺めていたり繁華街に行くと美人だな〜と思う人は多い。
顔立ちは、一般的な美人とは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、その人の心の中かもしれない。
結構大きいと思う。
最近惹かれるのはミュージシャンの西野カナさんだ。
コンサートに行って初めて質疑応答を受けている姿を見た。
女性らしい!と思わずにいられない。
ベビーフェイスに、体型も丁度いい感じ、パステルカラーが凄く合う印象。
話し方がほんわかしていて、方言もポイントが高い。
CDは割と聞くけれど、本人を見てますます大好きになった。

どんよりした水曜の早朝は微笑んで
きょうは、一カ月ぶりに大雨が降った。
ウキ釣りの約束を友達としていたのだけれど、雷が鳴ってきたので、さすがに危なそうで行けなかった。
確認したら、雨がやんだので、できれば行こうということになったのだが、釣りに行ける準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨がやんだから来ていた釣り人が、ばたばたと釣りざおなどを入れていた。
餌も買って用意していたのにもったいなかった。
次の機会にと話して釣りざおなどをなおした。
明々後日からは晴れそうだ。
その時は、今度こそ行ってみよう。

□気持ち良さそうに自転車をこぐ子供と公園の噴水

行ったことはない、しかし、夜の暗さの中での動物園は、夜に動く習性の動物がめっちゃ動いてて昼とは違い観察していてたまらなく楽しいらしい。
行ってみたかったけれど、暗くなってからの動物園は行ったことがないけれど、娘がもう少し怖がらないようになったら行ってみようと思っている。
もうちょっと大きくなったら、さぞ、娘も喜々としてくれるだろうから。
昼の動物園と異質の情緒を妻も私も興味があって味わってみたい。

ひんやりした休日の午前は読書を
タイムイズマネーとは、素晴らしい言葉で、ぼやーっとしていると、本当にすぐ時間が過ぎていく。
もっとスピーディーに勉強も提出物も終われば、他の作業に必要な時間を回せるのに。
部屋の整理をしたり、散歩したり、料理にはまったり、英会話テキストを手に取ったり。
そう思いついて、この頃は、てきぱきこなそうと気を張っているが、どれくらい出来るのか。

□気どりながら踊る弟と紅葉の山

案外普通の生地はばかにならない。
子が幼稚園に行きだすので、入れ物が指定された必要品だけど、思いのほか縫物の為の生地が金額がいった。
目立って、キャラクターものの生地なんて、とっても金額がいった。
アンパンマンやキティーちゃんの生地がすごく金額がいった。
使う大きさのの本入れやボール入れを西松屋なので買った方が手っ取り早いし、安価だが、田舎なので、確認したら、みんな、母親が縫ったものだし、周辺に販売していない。

風の強い水曜の昼は読書を
20歳の頃、株に好奇心をもっていて、買ってみたいと考えてたことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードに興味があったけれど、しかし、頑張って稼いでためた貯金が簡単に消えるのが怖くて、買えなかった。
楽天証券に口座はつくって、使用する資金も入れて、クリック一つ押すだけで購入できるように準備までしたけれど、恐怖で買えなかった。
汗水たらして、働いてためた貯蓄だから、金を持っている人から見たら少額でも大きく減ってしまうのは怖い。
しかし一回くらいは買ってみたい。

□熱中して歌うあの子と履きつぶした靴

服屋さんって大変・・・と思うのは私だけだろうか。
出勤の度に、完璧に着飾らないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、外で働くときはスーツ着るといいし、化粧もシンプルでそれでよし。
遊びに行くときは、自分で満足する格好をすればいいし、在宅で働くときはワンピース一枚でできる。
なので、きっと、ファッションにかかわる商売には、向いていない。
ショップに入ると店員さんがやってきて、ファッションポイントや合わせ方を語ってくれる。
何度買い物に来てもそれに怖くなり、買わないで去ってしまう。
これも、店員さんって出来なさそうと思う事の大きい理由の一つだ。

笑顔でお喋りするあの子と公園の噴水
冷え性になってからは、ちょっとだけ過酷だけれど、どうしても冬が好きだ。
空気が乾いているからか、カラッとした香り、加えて電気カーペットのぬくもり。
寒さの中の太陽って華美な気がするし、一眼を持って行った、夕方の海もきれい。
季節を撮りたかったら、性能のいいカメラもOKだけれどトイカメで思いっきりシャッターに収めるのがお洒落で空気感のある一枚がゲットできる。

□サイト内メニュー


□サイト内メニュー


Copyright (C) 2015 猟師を気安く呼んではいけない All Rights Reserved.
top