月が見える大安の夜明けは食事を

猟師を気安く呼んではいけない

「船乗り」のことを特別に考えている人って、たくさんいるのかな。今までしてきた経験や思い込みなんかが、「春巻き」が現してることとゴッチャになることも、無きにしも非ずと思うんだ。

TOP PAGE >

□湿気の多い日曜の午後に目を閉じて

今日は少年は、小学校の給食当番だった。
マスクと帽子を着け、白衣を着て、他の給食係達と、給食を給食室に取りに向かった。
今日の主食は、ご飯じゃなくてパンだった。
バケツみたいに蓋付きの大きな鍋に入ったシチューも。
少年は、一番重い瓶入り牛乳は、男子が持たないといけない、と考えていた。
クラス全員分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った牛乳を持ったけれど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい牛乳を女の子には運ばせたくなかったけど、クラスでちょっと気になるフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、少しドギマギしながら、そのまま2人一緒に牛乳を運んでいくことにした。

笑顔で吠える君とぬるいビール
息子の2歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントを何にするかを迷っている。
嫁と話して、体で遊ぶアスレチック系か知育玩具か着るものなどにするかを決めようとしている。
迷ってなかなか決められないので、ものを見て決めることにしたけど、ピンとくるものがない。
だけれど、子供に見せてみたら、あっさりと決まった。
トンネルの遊具に夢中だったから、これに決めた。
ただ、家が窮屈なので、一番小さなコンパクトなやつにした。
値段が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

□気どりながら熱弁するあの子とファミレス

友人とお昼に待ち合わせしていた。
大きな駅のいつも通りの大きめの画面の前。
待っていると、30分くらい遅刻するとメールがきた。
大きいテレビの前はみんなの集合場所なので、待ち人もどんどん去っていく。
携帯で曲を聴きながら、その様子を見ていた。
でもあまりにもすることがないので近所のPRONTに入って、ジンジャーエールを飲んでいた。
その後、友達がごめんね!と言いつつやってきた。
お昼どうする?と聞くと、パスタが良いと言った。
色々探してみたけれど、入りたい店を探しきれなかった。

じめじめした日曜の明け方は焼酎を
南九州の老齢の女性は、日ごとに、草花を墓にやっているから、ゆえに、生花が多量に必要で、草花農家も多い。
夜分に、車で駆けていると、電照菊の光がちょくちょく夜分に、車で駆けていると、電照菊の光がちょくちょく目撃する。
人家の光源はたいそう少ないへんぴな所なのに、菊の為のライトはすぐ目撃する。
電照菊光はいつも目に触れても人の行き来は大変少なく街灯の光もめっちゃちょっとで、危ないので、学生など、JRの駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

□汗をたらして走る兄弟と枯れた森

ちかちゃんの彼氏のSさんの会社で、定期的に梅干しを注文している。
飲むと電話をかけてくれるSさんの後輩でアルEくんという若者は、ほとんど会話がかみ合わない。
シラフの時の彼は、非常にあがり症らしくそういっぱい話してくれない。
そんな感じで、私自身、E君と満足いくくらいトークをしたことがない。

ノリノリで体操する姉ちゃんとぬるいビール
夏休みも半分ほど過ぎた頃の夕暮れ時。
「缶蹴り」で鬼役をしている少年は、とんでもなくお腹を空かしていた。
捕まえても捕まえても、カンを蹴られて捕まえた友達が逃げるので、もはやこのゲームは終わりが見えない、とうなだれていた。
へとへとにつかれて家まで戻ると、ドアを開ける前に、今日の夕飯が何かわかった。
とびっきりうまそうなカレーの匂いに、少年は疲れが吹っ飛ぶのを感じた。

□雨が上がった日曜の昼は昔を思い出す

現在のネイルは、スカルプなど、とても高度な技が駆使されているみたいだ。
多少サービスしてもらえる招待状をいただいたので来店してみた。
思いっきり、柄やデザインに対して、悩んでしまうので、決定するのに時間がかかった。
薬指だけ簡単なネイルアートをしてもらって、感動しテンションが高くなれた。

悲しそうに吠える友達と紅葉の山
「誰が何を言おうとこうで当然だ!」と、自身の価値観のみで周囲を判断するのは悪い事ではないと思う。
だけど、世間にはジェンダーと言われるものが人の周辺にまとわりついてくる。
この事を知ると自信を手に入れるのは良いけれど、あまりにも反論するのは良い事ではないのかも?と思う。
これ、私の考えでしかないんだけれど。
厳しい世間になる可能性のあるかもしれない。

□曇っている日曜の午前に足を伸ばして

夏はビールがたいそうおいしいけれど、このごろあまり飲まなくなった。
20歳のころは、どんな量でも飲めたのに、年をとって翌朝にお酒が残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はとてもあこがれ、行くことがすごく楽しみだったけれど、仕事の関係であきるほど行って、自分の中では、現在、印象が悪い。
そうだけれども、取引会社との付き合いの関わりでものすごく久々にビアガーデンに行った。
たいそう久々においしかったのだけど、テンションが上がって大変飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

陽気にダンスする妹と花粉症
エクセルシオールでも個人経営の喫茶店でもどこに入っても香り高いコーヒーを飲むことができる。
他にも、どこかでインスタントでも手軽だし、どこかで缶コーヒーでも。
私が一番好きなのは、スターバックスコーヒーだ。
どこも禁煙と言うのは、煙草の嫌いな私にとってありがたい。
そのことから、コーヒーの匂いをより良く味わうことができる。
価格も高いけれど、最高の豆が使用されているのでコーヒー好きにはピッタリだ。
甘い物が好きなので毎回コーヒーと一緒に、つられてデザートなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

□サイト内メニュー


□サイト内メニュー


Copyright (C) 2015 猟師を気安く呼んではいけない All Rights Reserved.
top